「いまなんて?」に週29分。EPOSの大規模調査から浮かびがった、音とビジネスの“見えない問題”




「え? いまなんて?」「もう一度言ってください」。デンマークのオーディオブランドEPOS(イーポス)の新しい報告書によると、こうした通話の音質の悪さによって生じるロスタイムは、ひとりあたり週29分もあるという。オンライン化が進むなか、音という「見えない問題」は無視できないものになってきているのだ。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください