「人間らしく生きる時代」の都市に、EVができること:齋藤精一【For a Sustainable Future #2: City】




ライゾマティクス・アーキテクチャーの齋藤精一は、世界に向けて先端的なデジタルクリエイションを発信し、これまで着実に実装につなげてきた。その活躍は日本にとどまらない。直近ではオンラインとの併催となったメディアアートの世界的 […]
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください