「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に




オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。
Source: ITmedia TOP STORIES





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください