「妻の無償労働」に頼りきりで生きてきた男たちの末路




その80代の男性は、妻をがんで亡くしてから独り身の生活が続いていたという。終活コンサルタントの安藤信平氏が訪れた男性の自宅は、「悲惨」のひと言に尽きた。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください