「宇宙向け汎用ロボット」は、もはや“夢”ではない:国際宇宙ステーションでの実証実験に挑むGITAIが見据える未来




日本発の宇宙ロボットスタートアップのGITAIが、2021年に国際宇宙ステーション(ISS)で汎⽤ロボットの技術実証実験を実施する。世界が夢見てきた「宇宙向け汎用ロボット」の実現に向けた大きな一歩となる今回の実験。そこにはどんなハードルがあり、いかに乗り越えようとしているのか。そして、次のステップは──。実験の先にGITAIが見据えるロボットの未来について、最高経営責任者(CEO)の中ノ瀬翔に訊いた。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください