「本人確認が甘かった」–ドコモ口座の不正チャージ、被害総額は約1800万円に




NTTドコモは9月10日、同社のウォレットサービス「ドコモ口座」で発生した不正チャージ事件について謝罪。同社代表取締役副社長の丸山誠治氏は、「本人確認が甘い状態でサービスを展開していた」とシステムの不備を認めた。

Source: CNET Japan 最新情報





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください