「社会的な距離」をとるのは人間だけじゃない:集団感染を防ぐ習性をもつ生物たち




新型コロナウイルスのパンデミックによって、わたしたちの生活において日常になったソーシャル・ディスタンシング(社会的な距離の確保)。こうしたなか、さまざまな生物が集団感染を防ぐために社会的な距離を保つことが明らかになっている。なかでもハチは除菌から疑似的なワクチンにいたるまで、さまざまなかたちで“集団免疫”を確保する習性をもっている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください