「脱ハンコ」は「脱中央集権」で国民の信頼を得なければ成功しない




管義偉政権は、脱ハンコを進める方針だ。脱ハンコは、「電子署名」によってなされる。これについて、日本はすでに住基ネットで失敗している。その後継者がマイナンバーカードだ。それは監視社会への国民の強い警戒感が背景にあった。中央集権的要素を排した電子署名システムを構築できるか。それが脱ハンコの成否を決める。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください