「遺伝子操作されたウイルス」が、高性能でクリーンな次世代バッテリーをつくる日がやってくる




遺伝子操作したウイルスを使って、バッテリーの電極をつくりだすナノエンジニアリング技術が大きな進歩を遂げている。この技術を用いたバッテリーはエネルギー密度や充電速度が大幅に向上し、環境負荷も少ないとされる。こうして人々に病と死をもたらす存在だったウイルスが、わたしたちの生活に恩恵をもたらす日が訪れようとしている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください