「Patreon」はクリエイティヴクラスを苦境から救えるか(1)アーティスト篇




クリエイティヴクラスに資金援助するプラットフォーム「Patreon」誕生の背景には、ひとりのアーティストがYouTubeのダッシュボードを見たときの怒りと葛藤があった。作品の好評に見合った報酬を受け取るシステムを構築するには「ファン」の存在が欠かせない──。Patreonの可能性を探るシリーズ(全2回)はまず、創設者兼ミュージシャンのジャック・コンテがそんな着想を得るまでの日々に焦点を当てる。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください