「VARP」はライヴシーンの未来を変えるのか? ラッパーkZm×クリエイティヴ集団「PARTY」が示したヴァーチャルライヴの可能性




音楽のライヴシーンに深刻な打撃を与えた新型コロナウイルス。アーティストを始め音楽関係者たちがその打開策を模索するなか、国内の次世代HIPHOPシーンを牽引するアーティストのひとりkZmが、ライヴの新たなスタンダードを予感させるパフォーマンスを披露した。全9ステージで延べ2万人を動員して大きな反響を呼んだヴァーチャルライヴ「ヴァーチャル ディストーション(VIRTUAL DISTORTION)」だ。その舞台となった「VARP」を構築したクリエイティヴ集団「PARTY」の梶原洋平、濱田小太郎、寺島圭佑を交え、このライヴがいかにして実現したかを語り合った。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください