この時代にドキュメンタリーが「ラグジュアリー」である理由:『行き止まりの世界に生まれて』監督が語る記録映画の真価




“全米で最もみじめな町”に暮らすスケートボード仲間3人の12年間を描いたドキュメンタリー映画『行き止まりの世界に生まれて』。家庭内暴力や階級格差など現代の米国の日常にはびこる闇を主題にしながら、「ドキュメンタリーの真価」を見せしめた本作はいかなる想いでつくり上げられたのだろうか──。監督デビューを果たした本作でアカデミー賞とエミー賞のWノミネートを成し遂げたビン・リューが語る。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください