この100年のクルマ時代とはひどい間違いだったのか?(2)20世紀のアメリカンライフ




T型フォードの誕生によって幕を開けたクルマの個人所有時代は、戦後になって一気に進んだ。消費者ニーズは流線型のボディを生み、マシンに対するフェティシズムがポップカルチャーにもしみ込んでいく。モビリティの歴史と自動運転の未来を探るシリーズ第2回では、クルマというモビリティがいかにアメリカンライフをかたちづくり、その文化や公共政策、法体系から人種問題までに影響を与えたのかに切り込む。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください