その作品に「意思表示」はあるか?:「CREATIVE HACK AWARD 2020」オンラインワークショップ第2回レポート




「CREATIVE HACK AWARD」(ハックアワード)の審査員たちと共に、3回にわたりお送りしているオンライントークセッション。第2回は水口哲也、笠島久嗣、塩田周三をゲストに迎えた。映像&ゲーム界の第一線に立つ3人によるセッションの話題は、審査通過のための条件から、「XRの未来」まで及んだ。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください