アトランタの街を“支配”する「トラップミュージック」の源流に迫る11のシーン




ドラッグを製造・販売するための場所として知られる「トラップハウス」。コミュニティの中心でもあるここから生まれる音楽は、ある意味その場所から抜け出すための「希望」でもある。フランス人写真家のヴァンサン・デサイーは自身初の写真集『The Trap』で、米国の音楽でもっともイノヴェイティヴなサブジャンルが生まれたアトランタの街を探索し、その「ルーツ」をとらえた。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください