アパレル業界、ここへきて「偽ブランド」が「大量発生」しているウラ事情




ブランド商品には「本物か偽物か」という疑念がつきまとう。商品自体、ブランドが販売した本物か誰かがコピー生産した偽物かという物的な真贋もともかく、生産方式や流通管理、ブランディングの一貫性など「企業姿勢の真贋」も問われるからだ。コロナ禍であまりに後先を見ない過剰在庫の叩き売りに走るアパレル業界はいままさにブランドの「真贋」を根本から問われている。ファッション業界に精通するコンサルタントの小島健輔氏が、そんなアパレル業界の「ブランド崩壊」の知られざる内幕を明かす。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください