ガソリン車の新車販売禁止を打ち出したカリフォルニア州、その実現に向けて見えてきた「大きな課題」




カリフォルニア州のギャヴィン・ニューサム知事が、2035年までに州内でガソリン駆動の自動車とトラックの新車販売を禁止するという行政命令に署名した。しかし、この野心的な計画を実現するには、いまだに高価で走行距離が短いEVの普及促進に加えて、クリーンな輸送・交通手段の整備といった大きな課題が立ちはだかっている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください