コロナショック後の日経平均急落・急騰を演出したのは誰?–日本株の需給分析




日経平均株価は2月25日〜3月19日までわずか4週間で6834円下がる「暴落」となった。ところが、その後5月20日まで8週間以上かけて4043円上昇。下げ幅の約6割を取り戻した。いったいこの急落・急騰を演出しているのは誰だろうか。過去30年、日本株を急落させるのも急騰させるのも常に外国人投資家だった。ところが今回は少し様相が異なる。

Source: ZDNet Japan





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください