サイケデリックジャーニー:自我を溶かし心を解き放つ治療法(3)無意識への高速道路




依存症や強迫神経症などは脳の統制が効きすぎたゆえに生じると、神経科学者のロビン・カーハート=ハリスは示唆する。であるならば、秩序を保つ自我を迅速に溶かす幻覚剤=サイケデリクスを、閉ざされた無意識の領域に通じる“高速道路”として心のケアに取り入れるのはどうだろう? 幻覚療法のルネサンスをマイケル・ポーランが描写するシリーズ最終回は、サイケデリックセラピーがヨガやホスピスのように社会に受け入れられる未来を探る。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください