テレパシーや記憶のダウンロードは実現するか? イーロン・マスクが明かした“電脳化”への道筋と、見えてきた課題




ヒトの脳とコンピューターをつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェイス」の実現に向けてイーロン・マスクが立ち上げたニューラリンクが、これまでの研究成果を発表した。テレパシーの実現や記憶のダウンロードといったSFで語られてきた未来と、その実現に向けた技術の進歩の一端がマスク自身によって明かされたのだ。一方で、脳の仕組みやニューロンの働きといった未解明な分野において、数々の課題も浮き彫りになっている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください