ドキュメンタリー『監視資本主義』は、ソーシャルメディアの問題をあまりに単純化している:映画レヴュー




Netflixのドキュメンタリー映画『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』は、ソーシャルメディアを大きな“脅威”としてとらえ、その問題点に焦点を絞っている。元グーグルのデザイン倫理担当者であるトリスタン・ハリスの言葉を織り交ぜながら問題を浮き彫りにしようとしているが、問題は単純化されていて何の実用的なアドヴァイスも示されていない──。『WIRED』US版によるレヴュー。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください