バフェットが明かした「航空株を売却した理由」と「コロナ後の投資術」




ゴールデンウィークに開催されたバークシャー・ハサウェイの株主総会。そこで注目が集まったのが第1四半期に入り、保有していた航空会社の株式を全て売却した件だ。この航空株の売却の背景に、バークシャー・ハサウェイが抱えるバフェットやトップ陣の高齢化、そしてバークシャー・ハサウェイの解散が心配される声が上がった。その質問に対してどのようにバフェット氏は答えたのか、マネックス証券のチーフアナリストの岡元氏がレポートする。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください