バフェットが認めた「日本の強さ」の正体…5大商社株式取得に動いたワケ




投資の神様、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイは、8月30日、日本の大手総合商社5社(伊藤忠商事、丸紅、三菱商事、三井物産、住友商事)のそれぞれの株式の5%超を取得したと発表した。確認できる限り初めての日本企業への本格的投資。バフェットは長期的に安定成長する対象しか選ばない。5社への投資は、日本の将来を「買いとみている証拠」だ。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください