パンデミックはいかに“秩序”を崩し、そして人々の心を解放するか(前篇)




黒死病(ペスト)によって中世ヨーロッパの時代が終わりを迎え、文化は大きく生まれ変わった。新型コロナウイルス感染症も人類の歴史上でパラダイム転換を起こす契機になるのだろうか──。多くの犠牲や社会的混乱をもたらしながらも、ある時代において当然視されてきた“秩序”をディスラプトすることで人々を新たな方向へと解放してきた疫病。その破壊的な側面と創造的な側面の双方を、ピュリッツァー賞受賞の作家ローレンス・ライトが検証するシリーズ前編では、ペスト流行以降に花開いたイタリア・ルネサンスに光を当てる。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください