パンデミックは新たな“家族”のかたちを浮き彫りにする(後篇)




ごみ出しに口論、相手への思いやり。さまざまないきさつでひとつ屋根の下に集うコミューンに血のつながりはなくても、展開される人間ドラマは伝統的な家族のそれと変わらない──。パンデミックに伴う隔離によって再定義されつつある“家族”のかたちを追うシリーズ後篇では、ミレニアル世代がオルタナティヴな家族を探し求める理由を、社会構造やアイデンティティの観点から深く掘り下げる。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください