ベルリンのセレクトブックストア「do you read me?!」が提示する、独立系書店の可能性




ベルリンの独立系書店「do you read me?!」。元グラフィックデザイナーのオーナーがキュレートし、インディペンデント誌と著名誌が並列でところ狭しと並ぶこの店は、現地で出版業に携わる人々からの信頼も厚く、コロナ禍以前はオーナーの“審美眼”を求めて世界中から多くのクリエイターたちが訪れていた。いま「実店舗」が大きな転換期にあるなか、書店はいかなる変化を遂げて行くのだろうか?そのヒントを求めてオーナーを訪ねた。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください