マイクロソフト「WSL 2」でLinuxのGUIアプリをサポート、GPUの利用も




「Windows Subsytem for Linux 2(WSL 2)」では、単体でGUIを利用したアプリを実行できるようになることが明らかになった。また、GPUのハードウェアアクセラレーションを利用できる仕組みも導入される。


Source: ZDNet Japan





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください