メディアがネットを敵視する理由。情報統制による利権【生き残りを懸けた戦い】




    新聞業界は、もうやっていけない。「終わった」と言っていい。 ネットを憎む理由は、そこに活路を見出すしかないからだ。 いわゆる大メディアの収益性は極めて悪化しており、このままではじり貧である。 … 続きを読む
Source: 行橋市議会議員 小坪しんやのブログ





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください