ライゾマティクスとMUTEKが見せる“アグレッシブなSTAY HOME”。オンラインで、どこまでできるか




Image:ギズモード編集部 (上から)真鍋大度(Rhizomatiks)、竹川潤一(MUTEK.JP)今だからできること。これから目指すこと。新型コロナウイルスが猛威を振るい、全国的に外出自粛状態となっているこの約1カ月の間にも、数々のクリエイターやアーティスト、企業や個人が、新しい創作や活動の場を生み出し続けています。日本のテクノロジーやメディアアートを牽引し続けるライゾマティクス代表の齋藤精
Source: ギズモード・ジャパン





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください