リドリー・スコット監督の新作SFドラマ「Raised by Wolves」は、人類に“救い”はあるのかを問いかけている




リドリー・スコット監督の新作SFドラマ「Raised by Wolves」の配信が米国で始まった。古典にあくまで忠実につくられた本作は、過去のSF作品の“亡霊”が最大の魅力というわけではない。死と再生に不気味なほど焦点が当てられた点にある──。『WIRED』US版によるレヴュー。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください