ロックダウンでも続く“塀の中”での過酷な労働の実態




新型コロナウイルスの影響で多くの工場が操業停止せざるを得ない状況にあった米国で、刑務所の受刑者たちによる刑務作業は続けられている。そこでは有給の病欠も社会保障負担もなく、最低賃金をはるかに下回る時給しか支払われていない。そして出所したとしても、やはり厳しい状況が待ち受けている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください