三浦春馬が遺作『おカネの切れ目が恋のはじまり』で見せた、俳優としての底力




三浦春馬の遺作『おカネの切れ目が恋のはじまり』が放送された。これまでシリアスな役柄のイメージが強かったが、今回は「浪費癖のある御曹司」をコミカルに演じている。「金銭感覚」をテーマにした脚本も素晴らしく、名作ドラマになる予感がする…。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください