上皇陛下の執刀医が教える「肺炎で重症化する人」の危ないサイン




気温の低下に伴い、今年の秋から冬にかけては「肺炎」がこれまで以上に注視されている。いうまでもなく、新型コロナウイルスによる重症肺炎で亡くなる人が相次いだことからだ。そもそも肺と心臓は“セット”といえる臓器で、肺炎は心臓病とも深く関係している。上皇の心臓の執刀医である天野篤医師が、語る「コロナ禍」時代の健康と心臓の心がけとは?
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください