中国発の決済サーヴィス「Alipay」運営企業は、悪化する米中関係のなか飛躍できるか




中国のモバイル決済アプリ「Alipay(アリペイ、支付宝)」が快進撃を続けている。Alipayを運営するアント・グループの新規株式公開が実現すれば世界最大級の金融サーヴィス企業の仲間入りを果たすことになるが、緊張が高まる米中関係が深刻な影を落としかねない。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください