今日はいったいどういった数字になるのか注目。




こんばんは。
来週初にかけてのNY市場3連休を前にした動きなのか、昨日のNYダウはザラ場ベースで一時1000ドルを超える急落でしたね!
また、ナスダックなど、ほかのアメリカ株指数も冴えないですね!
このあとの欧米時間は発表されるアメリカの経済指標、8月の雇用統計が注視されているものの、それを受けたアメリカ株式市場の動きを警戒する声も少なくないみたいですね!
仮にNYダウなどが続落するようだと、為替市場においても再びドル安が進行することになるかもしれないですね!
材料的に見た場合、米中の対立、北朝鮮情勢、イギリス情勢、イラン情勢、新型コロナウイルスとワクチン開発、アメリカ大統領選など注目すべきは依然として目白押しですね!
それらに加えて、安倍首相辞任とその後継者人事とベラルーシ情勢も要因として注目されていますね!
そうしたなかで、このあと材料的にもっとも注視されているのは、8月のアメリカの雇用統計発表ですね!
ちなみに失業率は10%を割り込み9.8%、非農業部門雇用者数はプラス135万人程度が事前予想として見込まれていますね!
2日に発表されたADP雇用統計は予想比悪化、しかし昨日発表の新規失業保険申請件数は逆に予想比改善でしたね!
今日はいったいどういった数字になるのか注目ですね!




僕のオリジナルロジックに基づきエントリーをいれました!
その結果↓

スポンサーリンク



twitterアカウント https://twitter.com/freshfishgo

ドル円 106.231で買い
106.338で決済 +2pipsで +20,000円でした!

合計 +2pipsで +20,000円でした!

Twitterでの配信でのトータル収支は
現在+8041pipsで+8051万円です!

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Source: 株式億トレーダーの銘柄予想・トレード日記





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください