今日はイギリス情勢が要注意材料。




こんばんは。
注目のアメリカのFOMCは市場の予想通りで、かなりのハト派的な内容でしたね!
それをアメリカ株市場も当初好感していましたが、影響は続かなかったですね!
足もとの、時間外取引でNYダウだけではなく、ナスダック先物など主要なアメリカ株3指数とも大きく値を崩していることは気掛かりですね!
さらなる続落などを示すようだと、為替市場においてはドル円などでさらなるドル安が進行する可能性も否定できないですね!
材料的に見た場合、米中の対立、北朝鮮情勢、イギリス情勢、イラン情勢、新型コロナウイルスとワクチン開発、アメリカ大統領選、菅新首相誕生と日本の政局、ベラルーシ情勢、毒殺未遂事件を中心としたロシア情勢など注目要因は目白押しですね!
アメリカについては、足もと大きく値を崩しているアメリカ株の動きが注視されるなかで、今日はイギリス情勢を要注意材料として考えている方も少なくないみたいですね!
欧州との通商協議の行方などが依然として警戒を要するなかで、イギリス中銀による政策金利の発表が見込まれていて、そちらを注視する声も多かったですね!




僕のオリジナルロジックに基づきエントリーをいれました!
その結果↓

スポンサーリンク



twitterアカウント https://twitter.com/freshfishgo

ドル円 104.739で売り
104.681で決済 +5pipsで +58,000円でした!

ドル円 105.075で買い
104.970で決済 +10pipsで +105,000円でした!

合計 +16pipsで +163,000円でした!

Twitterでの配信でのトータル収支は
現在+8128pipsで+8138万円です!

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Source: 株式億トレーダーの銘柄予想・トレード日記





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください