入場料収入がなくても…横浜F・マリノスが仕掛ける「攻めの戦略」




失った入場料収入を、いかにして補填していくか。新型コロナウイルスの影響によって中断が続くJリーグ。クラブ経営へのダメージが懸念されるなか、「攻め」に転じようとするクラブが出始めている。昨季のJ1王者、横浜F・マリノスもそのひとつだ。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください