公開取材! 旅の新解釈とその解像度をめぐるダイアローグ:稲見昌彦×豊田啓介 ウェビナーを開催




旅(≒移動)は早晩、「行く/行かない(行けない)」といったバイナリなものから、ゼロと100の間にスペクトラムが拡がる、より多彩な知覚体験へと変化するはずだと建築家・豊田啓介は考える。ではそのとき、身体はいかなる解像度で旅(≒移動)を認知する/しないのだろうか。その“際”を確かめるべく、身体情報学の泰斗・稲見昌彦に豊田が切り込む公開取材をウェビナーにて実施!
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください