副大統領候補にカマラ・ハリスを選んだバイデンは、強力なデジタル支援ネットワークを味方に付けた




米大統領選挙での民主党候補指名を確実にしているジョー・バイデンが、黒人女性であるカマラ・ハリス上院議員を副大統領候補に選出した。彼女が構築してきたオンラインでの強力な支援組織の存在は、実はオンライン化に傾く大統領選においてバイデン陣営の追い風になる可能性を秘めている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください