大手デパート店員が関与か「クレジットカード現金化」の危ない実態




クレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用する行為は会員規約違反にあたる。2017年にネットフリーマーケットの「メルカリ」で1万円札が額面以上の金額で売買され問題となり、同社はその後24時間体制の監視を徹底していす。しかしここにきて「クレジットカードの現金化」は、さらなる進化を遂げ、しかもその違反行為が大手のデパート内で白昼堂々と行われているという。今回証言したAさんの実録を、消費者金融に詳しい弁護士とともにお伝えする。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください