大阪市を廃止し特別区を設置することについての住民投票




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「安倍政権のレガシー(後編):前半)」三橋貴明 AJER2020.9.14 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 令和2年10月25日(日) saya x ハーモニカ 配信ライブ令和2年11月12日(木)「今こそ奮起の時!豊かになるために一人ひとりがやるべきこと」(※オンライン講演会) 300回超えたので、とんでもないゲストをお呼びしたよ! [三橋TV第301回] 三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/edK2aACm3FU  本日です。【2021年 日本経済の危機とは 日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞(※オンライン講演会)】二重行政解消で大阪市が滅ぶワケ(藤井聡×室伏謙一)https://youtu.be/7SFAONnhMXg さて、11月1日に、大阪市解体構想の住民投票(正式には「大阪市を廃止し特別区を設置することについての住民投票」)が行われます。 今後も、三橋TVは大阪市「廃止反対」のコンテンツを次々に上げていくことになります。『【藤井聡】『大阪都構想で日本は没落する』という真実をしっかりご認識下さい。 明日、発売となる、表現者クライテリオンでは『大阪都構想で日本は没落する』という特集を組みました。 その特集内容はまさにそのタイトル通り、11月1日に予定されているいわゆる「大阪都構想」の住民投票でこれが可決されれば、大阪だけでは無く日本全体に凄まじい悪影響がもたらされる、という「真実」を徹底的に論じたものです。 ただし、その住民投票で問われるものは実は、「大阪都構想」ではないのです。その名称は、勝手に「維新」の人々が付けた略称でって、その本当の名称は「大阪市廃止・特別区設置」 なのです。実際、選挙管理委員会のホームページには、「大阪市廃止」の文字はあっても、大阪都構想という文字は一言も出てきません。https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu240/jumin/index.html つまりこの住民投票は、大阪市民に対して、「皆さんが作っている自治体の大阪市ですけど、潰しますけど良いですか?」 を問うというのが、その本質なのです。(後略)』 今でも理解できないのですが、大阪市を廃止し、解体する目的は何なのですか? 何か、良いことがあるのですか? 二重行政って、例えばよく話題に上る図書館にしても、「大阪府が、大阪府民のために図書館サービスを提供している」「大阪市が、大阪市民のために図書館サービスを提供している」 として、室伏氏が解説している通り、大阪府はあくまで「大阪府民」のためにサービスを提供し、利便性が高いから大阪市に置いているだけです。 つまりは、二重行政とやらではない。 例えば、堺市に「大阪府民のための図書館」を置くケースも、当然ながらあるでしょう。その場合も「二重行政だ!」となるのでしょうか。  現状は、大阪府が大阪府民向けサービスの拠点を大阪市に置いているため、市民は「府民向けのサービスも、市民向けのサー続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください