宇宙を捉える巨大カメラのイメージセンサー、32億画素の画像を撮る




アメリカのSLAC国立加速器研究所が世界初となる32億画素の写真撮影に成功しました。32億画素というとイメージがわきませんが、実寸表示には4KウルトラHDテレビが378台必要なんだとか。その解像度はすさまじく、24km先のゴルフボールも解像するとのこと。このカメラ、チリのベラ・ルービン天文台に設置され、10年間南天全体のパノラマ写真を撮るそうです。
Source: ギズモード・ジャパン





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください