害虫に“組み込まれた退化”が農業を救う? 遺伝子組み換えされた幼虫で食害を防ぐ試みの賛否




遺伝子組み換えした幼虫を放つことで、世界中でトウモロコシやコメの食害の原因となっている虫の繁殖を阻止する試みが始まった。“組み込まれた退化”によって殺虫剤を使わずに食害の原因となる昆虫の個体数を減らす狙いがあるが、その安全性や環境負荷の観点から反発の声も上がっている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください