小山薫堂、『おくりびと』の参考にもなった「思い出の一冊」




『小僧の神様』を最初に読んだのは高校生のときですが、放送作家の仕事を始めてから、この小説は自分の作品作りのお手本だと気づきました。神田の秤屋の奉公人、仙吉はある日、屋台の鮨屋に入り握り鮨を一つ食べようとしたが、金が足りず、食べられなかった。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください