山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳 個人擁護の必要はないが要所が抜け落ちている | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン




「元TOKIOの山口達也さんが酒気帯び運転で現行犯逮捕」という報道が大きな波紋を呼んでいます。9月22日夕…
Source: 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください