新型コロナウイルスの感染が広がる全米の学校は、いまや“自然実験”の場になりつつある




新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な米国では、9月に新学期を迎えた学校での対策が課題になっている。一部の地域では登校での対面授業が決まっていることから、研究者たちはウイルスの感染経路を理解して対策をとる上で必要な“自然実験”の機会になると考えている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください