日本の企業を守り、腐臭がする「新陳代謝論」を打破せよ!




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。『全ての国民を救えるんだ(前半)』三橋貴明 AJER2020.5.5 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第238回【ほらね!政府が国債発行したら皆さんの預金が増えたでしょ(ドヤァ!)】https://youtu.be/W1UJb84jfg8  チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。 【Front Japan 桜】政府が国債発行したら、国民の預金が増えた / 先人の知恵、発酵食品を今こそ取ろう![桜R2/5/20]  Youtuberのラファエルさんとコラボしました。 【YouTuberラファエル×三橋貴明の緊急コラボ】テレビでは放送できない本音を暴露https://youtu.be/MxaFbwwWemI 【コロナ経済破綻】経済学者にコロナと経済を両立する方法を話してもらいました【ラファエル】https://youtu.be/itK8HyXK-nc  さて、景気動向指数CIがリーマンショック期並のスピードで落ち込んでいっています。 【日本の景気動向指数CIの推移(2015年=100)】http://mtdata.jp/data_70.html#CI  直近データは3月までですが、日本の恐慌突入が本格化したのは、4月以降です。先行指数を見る限り、一致指数も落ち込むことは確実ですが、問題は「どこまでか?」です。 すでに、企業倒産は始まってしまっています。 『埼玉県の路線バス会社 経営破綻 埼玉県内で路線バスを運行している「丸建自動車」は、新型コロナウイルスの影響で利用客が減少したことなどから資金繰りに行き詰まり、裁判所に民事再生法の適用を申請しました。 新型ウイルスの影響による路線バス会社の経営破綻は初めてとみられ、会社では運行を続けながら支援先を探し、経営の再建を目指す方針です。(後略)』  丸建自動車の経営破綻は、どう考えても「環境」のせいであり、丸建の「経営努力不足」「自己責任」とやらのせいではありません。 そもそも、政府が自粛要請や緊急事態宣言発令をした結果、バスの利用者が激減し、丸建は民事再生に至ったわけです。当然ながら、政府は丸建を始め、危機に瀕している公共交通機関を救わなければなりません。 ところが、この状況で「新陳代謝論」という腐臭がする主張を展開する連中が続々と出てくるのが、店じまい国家「日本国」でございます。 『焦点:変わる日本株の「景色」、海外勢売りでも反発 存在感高まる日銀 伊賀大記(前略)日本株に対する海外勢の売りが止まらない理由について、ピクテ投信投資顧問のシニア・フェロー、市川眞一氏は、コロナ後の日本で産業や企業の「新陳代謝」が起きそうにないと海外勢に見透かされているからではないかと指摘する。 市川氏は「日本は、これまでと同様に企業を守ることで雇用を守ろうとしている。コロナによって経済や産業の構造が変わろうとしている時に、全ての企業を守ろうとすると、結果的に新陳代謝が起きずに生産性が上昇しない」と懸念を示す。 日本が取る雇用重視の政策は、リーマン・ショックの最悪期でも失業率を主要7カ国(G7)で最も低い5.7%にとどめた。今回も、企業破綻が連鎖し金融システム不安につながることが最悪のシナリオであり、そのルートを断ち切ることが現在の政策のターゲットといえる。 しかし、経済の構造変化についていけないような企業を存続させ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください