日本IBM、デジタルレイバーの遠隔監視/運用管理サービスを提供




日本IBMは、「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター(AOCC)」の提供を日本で開始すると発表した。AOCCは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)によるデジタルレイバー(仮想知的労働者)の遠隔監視、運用管理を実行・支援するサービスになる。

Source: ZDNet Japan





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください