時速100kmで撮影したガードレール映像をAIで解析、腐食した支柱を特定–凸版印刷など




凸版印刷、イクシス、ケー・エフ・シーの3社は、走行する自動車からガードレールをビデオ撮影し、その映像を解析することで腐食した支柱を見つける技術「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発した。

Source: CNET Japan 最新情報





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください