期せずして疫病に見舞われた“写真の浄土” :現代美術のアルケオロジー第1回「京都市京セラ美術館『杉本博司 瑠璃の浄土』展」




先鋭的な表現手法で、世界に批評的な視点をもたらす「現代美術」。その表現の深層には、必ずや人類学的、民俗学的な文脈が流れている。作品を読み解くうえで切り離すことができないその歴史的文脈を、気鋭の民俗学者・畑中章宏が現代美術とその周辺を展示する作品群から「考古学的」に探索する。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください